ニキビのない肌に憧れちゃう!

ニキビの原因

若い頃にニキビで悩む人は多いですけど、大人になってもニキビがなくなるわけじゃありません。

 

ニキビは皮脂分泌と保湿のバランスが崩れると起こります。

 

過剰に分泌した皮脂が毛穴につまって、そこにアクネ菌が感染すると炎症性のニキビができます。

 

男性ホルモンの分泌

 

現代の女性は男性ホルモンの分泌が活発になっている人が多いようです。

 

男性ホルモンは皮脂線の発達や皮脂の合成に深く関係していて、分泌が活発になると皮脂の分泌量が増えます。

 

生理前にニキビができやすくなるのは、排卵後に黄体ホルモンの分泌が増えるからです。

 

この黄体ホルモンも男性ホルモンに似た働きがあります。

 

過度の飲酒や喫煙

 

飲酒や喫煙が増えると肝臓に負担をかけますが、肝機能が低下していると解毒作用が弱くなるので、過剰な黄体ホルモンを制御する機能が低下して皮脂分泌が増えるようです。

 

抗酸化作用のあるビタミンも破壊されてしまうので、皮脂の分泌が盛んになってニキビの原因になります。

 

ほどほどの量ならストレス緩和になりますが、飲み過ぎや吸い過ぎには気をつけないといけませんね。

 

糖分や油分の過剰摂取

 

ニキビが多い人って、甘いものや油っこいものをたくさん食べているイメージがありますよね。

 

糖分や油分を代謝するにはビタミンBが必要ですが、偏食気味だとビタミン不足になって代謝が追い付かないのですね。

 

便秘

 

便秘は肌に悪いっていいますが、本来排泄されるはずの毒素が再吸収されてしまうからですね。

 

排出されない毒素は皮膚へ出てニキビになるのですね。

 

ストレス

 

ストレスが多い人は、自律神経が不安定となるので、副腎皮質刺激ホルモンの分泌量が多くなるようです。

 

副腎皮質刺激ホルモンの中の男性ホルモンが皮脂分泌を増やすのですね。

 

日焼け

 

紫外線を浴びると体内の活性酸素が増えてニキビができやすくなります。

 

ニキビだけじゃなくて、シミやシワにも影響があります。

 

間違った洗顔

 

洗顔はニキビケアには必要ですけど、ゴシゴシと強すぎる洗顔は毛穴の皮脂を詰まらせる原因になります。

 

洗顔料の洗い残しがあっても、毛穴が詰まる原因となります。

 

慌てて洗顔しないで、ゆっくりと丁寧な洗顔を心がけたいですね。

 

肌の乾燥

 

肌が乾燥してくると水分の蒸発を防ぐために皮膚は皮脂の分泌を活発にします。

 

ほどよい保湿がニキビ予防には大事になります。

 

ニキビだけじゃなくて、肌の保湿は美容に欠かせませんけどね。

ニキビを作らないために

便秘をしていることがニキビの原因になるわけですから、便秘をしないための食物繊維をたくさんとりたいですね。

 

ニキビだけでなくダイエットにも効果があるわけですからね。

 

食物繊維は、ごぼうやレタス、サツマイモ、リンゴ、乾燥、こんにゃく、ゴマ、玄米などに多く含まれています。

 

食事をするときにはかなり意識をして食べるようにしていますけど、外食が続くとそうもいきませんよね。

 

そんな時はサプリメントやドリンクを飲むようにしています。

 

自律神経の乱れがニキビに影響を与えますけど、自律神経を整えるためには早寝早起きをして、規則正しい生活をするのがいいわけです。

 

夜型の生活が続くと肌が荒れますけど、深夜に起きていると肌細胞が再生する大切な時間をムダにしています。

 

しっかりと寝ることで、日中の活動を活発に過ごすことができます。

 

ストレスを解消することもポイントですね。

 

適度な運動をすることや、適度な飲酒などはストレス解消に役立ちます。

 

なにごとも適度にしておかないとストレス解消のための行動が新たなストレスになったりしてしまいますから、適度な加減が大事なんですね。

正しい洗顔

ニキビ対策には洗顔が重要ですけど、意識しすぎると強めに洗うことで毛穴を詰まらせてしまったりして、逆効果になることもあります。

 

丁寧にゆっくりと洗顔をすること、そして洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎをすることを気をつけています。

 

肌の乾燥もニキビには逆効果ですから、洗顔は水で行うといいようです。

 

体温よりも低い温度のぬるま湯がポイントのようです。

 

今では大人ニキビ用の化粧品も多いですけど、そんなニキビ化粧品よりも保湿効果の高いシンプルな物の方が効果があったりします。

 

刺激が強すぎたり、皮脂をとり過ぎたりしてはいけませんからね。

 

丁寧な洗顔後に、早く化粧水をつけて、乳液などで潤いを保つようにしています。

 

最後につけるのは油分がしっかりと入っているものを選びます。

 

保湿をしても油膜がなければ蒸発していましますからね。